アら

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
復活!じゃないよ!?ウゴウゴルーガスペシャル〜完全版〜 13:01

ウゴウゴルーガ(公式Wikipedia)のDVDが予約限定生産で10月に発売される。その予約の締め切り5/31が迫ってきている。この番組はその告知番組として放送された。今回の番組で放送期間がわずか2年弱しかなく、もう放送終了から13年も経っていることに驚いてしまった。その割にはよく話題にのぼる番組だ。


まず、大人になったルーガが幼稚園に行き、幼児にウゴウゴルーガを見せるところから始まる。ルーガひとりで幼児に番組を紹介している姿を見て、大人になったとしみじみした。


番組は2部構成になっている。まずは、番組を知らないマリエを向かえてウゴウゴルーガを紹介していく。なぜマリエ?と思いながらもトマトちゃんやロボットくんとの会話を見ていると、きちんとウゴウゴルーガになっていた。もし、番組が今も続いていて出演していた子供がそのまま大きくなっていたら、こんなやりとりをしているかなとボンヤリ思った。もちろん、合間には「ミカンせいじんカリビアン」「しかと in Japan」「がんばれ!まさおくん2007」などの新作が挟まれてニヤリとする。


後半は、大人になったウゴウゴが記者会見の時に「今は自分探しの旅をしている」という発言を受けて、スイスにいる大坪千夏元フジテレビアナウンサーが日本に帰国してウゴウゴを訪ねる。ここから劇画オバQを思い出すような展開になっていく。放送終了から13年も経つと、髪の毛を伸ばし「○○ッすね」と答えるウゴウゴがいた。もちろん責めることは出来ない。むしろ、放送当時の頃の自分は今のウゴウゴと大して変わりない。だから見ていると「いやはや、は、その」てな感じでむず痒くなる。


ここでも、大坪千夏とウゴウゴとウゴウゴの母の3人で当時の放送を見る。もちろん、幼児のような集中している表情ではなく、微笑み、遠くを眺めるような表情で見ている。それからお台場に移転する前のフジテレビのあった場所を訪れたりした後、大坪千夏の提案でウゴウゴは髪の毛を切る。そして、ひとつ誓いをして大坪千夏と握手をして終わる。


CGセットに戻ると、やっとルーガとウゴウゴが2人揃って登場する。2人は当時と同じように奇抜な衣装を着こなしていた。このCGセットにもしっくりきていた。その後、彼らはテレビくんのある部屋にピコピコと移動する。テレビくんが壁掛けのハイビジョンになっていることに2人は触れないのかと思いつつ、テレビくんとのやりとりを楽しむ。テレビくんのお言葉は「狭き門より入れ」だった。そして「13年振りおきらくごくらく」と言って番組は終わった。


久しぶりのウゴウゴルーガはもう朝の番組ではなく、ちょっとほろ苦かった。


番組終了後、DVDを予約した。いや〜予約限定生産という言葉に弱いな。



| テレビ | comments(0) | trackbacks(2) | posted by げそ -
スポンサーサイト 13:01
| - | - | - | posted by スポンサードリンク -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
もう15年になるんですね。子供番組見たさに早起きしてたあの頃。 通勤が近かったので,早起きの必要は無かったのですが,あの頃家族で早起きしてウゴウゴルーガ見てました。毎朝爆笑。 シュールな笑いは子供番組にしておくのはもったいないくらい。 みかん星
| 楽器が大好き | 2007/06/13 5:35 PM |
「ウゴウゴルーガスペシャル」に関する複数のブログの検索結果をマッシュアップして口コミ・評判、ショッピング情報をお届けしています
| クチコミコミュニケーション | 2007/09/06 6:16 AM |
<< NEW | TOP | OLD>>